アレルギー予防に効果的

アレルギー予防に効果的

admin No Comments

まず、アレルギー予防に効果的なのは、原因となる穀物の入っていないキャットフードです。70%以上を良質の蛋白質で構成しているので、アレルギーになりにくいです。

次に、アレルギーは体に異物が侵入して来た時に起こります。本来は抗体が作られ、貪食細胞等の免役機能がウイルスや細菌等の微生物と戦って勝ちます。その為、臓器が、正常の機能で働くのです。しかし、体が弱っていると免役機能が低下し、異物の暴挙に堪えられなくなってアレルギーと言う現象を引き起こします。鼻水やくしゃみが出るのは、アレルギーによる免役機能の抵抗です。酷くなると、アナフィラキシーショックを起こし、倒れる事もあるので体を健康に保つような食事をしなければなりません。

そして、アレルギーを予防する為の食事には、炭水化物の無い食品摂取が必要です。炭水化物には糖質が含まれており、血糖値に左右します。血糖値が高くなると細菌やウイルスが簡単に体内を占領し、アレルギー症状を起こしやすい体内環境を作ってしまいます。

炭水化物は膵臓のランゲンハンス島β歳細胞にあるインスリンに食べて5分もしない内に分泌を促すので、体を疲労させます。同じ猫でも炭水化物を食べ続けたり、大量に摂取すると免疫力が極端に下がります。但し、大量摂取と言うのは、猫自体の体に合っていない量と言う意味です。必要量より食べていなくても、炭水化物の体への影響は大きいからです。

最後に、口に入れる物を考えて食べるだけで、アレルギーを予防できます。猫の健康の為に栄養表示やパッケージを見て、炭水化物の無い食品を選んであげて下さい。

良質のたんぱく質が摂れる

admin No Comments

まず、グレインフリーのキャットフードを選ぶと、良質の蛋白質が摂れます。炭水化物が減った分の味覚調整の為に、タウリン等の高級動物性蛋白質が使用されているからです。

次に、猫の食い付きが良いように、野菜やハーブも含まれています。蛋白質をより良く体内で働かせる為には、野菜やハーブのビタミンやミネラルが必要だからです。そして、良質の蛋白質なので体内での消化も良く、大腸での発酵の際にもしっかりとした便を作ってくれるので猫の健康に繋がります。また、使用している蛋白質が良い物なので、アレルギーを持っていても摂取できます。

それから、猫は元々魚や鳥を狩って食べる動物であり、主に蛋白質を摂取しなければならない体質です。あまり炭水化物や脂質を必要としないので、人に比べると腎臓に負担をかけやすい体内構造になっています。その為、負担を少なくするには、蛋白質に拘って食べる必要があるのです。

最後に、蛋白質は体を変える作用があるので、良質な物を摂ると猫の知能指数が上がったり、無駄太りを防いだりしてくれます。肥満になると、2型糖尿病や心臓病、脳梗塞等の発症リスクが高まりまるので、豊富に蛋白質を摂取する事で猫の食欲を抑えるしかありません。また、国際規格になっていたり、徹底した品質管理が為されているので体に安全な蛋白質を取り入れられます。

穀物の多いキャットフードは負担が大きい

admin No Comments

まず、穀物の多いキャットフードは、猫の体に負担が大きいです。穀物は主に炭水化物で構成されており、運動量によって消費されます。余った物は脂肪として貯蓄されたり、筋肉に蓄えられますが、放置すると活性酸素の増加に関わるので健康を阻害します。また、運動に伴い、代謝経路で炭水化物を消費し過ぎると一気に沢山のエネルギーを産生してしまうので臓器の老化が進みます。老化が進むと毛の艶が無くなったり、口が臭くなってきたりするので、炭水化物の含有量には注意が必要です。

次に、猫の体は、尿を濾し取る働きがある腎臓の機能が弱いです。その為、炭水化物や脂質を摂り過ぎると、体内に残った有害物質が体水分やイオンの調整を促進しにくくします。そうなると、腎臓の動きが鈍くなり、早い内から腎臓病や糖尿病を発症してしまいます。

そして、家から出ない猫の場合には運動量が少ないので、腎臓を傷付ける心配は少ないですが、肥満になりやすいです。炭水化物は時間と供に脂肪に変換されて行くので、穀物の多いキャットフードは控えた方が良いです。 また、肥満になると通常よりも代謝経路が盛んに熱を発するので、運動量の多い猫程ではありませんが、徐々に腎臓や目にも影響が出ます。

最後に、動物の体は、体内で作られる熱量によって生かされています。その熱量を作るのが、蛋白質や脂質、炭水化物なのです。しかし、蛋白質以外の成分は、臓器の吸収率を顕著に高め、体に良くない酸化現象を引き起こしてしまう原因になるので、摂取しない方が健康に良いです。