アレルギー予防に効果的

まず、アレルギー予防に効果的なのは、原因となる穀物の入っていないキャットフードです。70%以上を良質の蛋白質で構成しているので、アレルギーになりにくいです。

次に、アレルギーは体に異物が侵入して来た時に起こります。本来は抗体が作られ、貪食細胞等の免役機能がウイルスや細菌等の微生物と戦って勝ちます。その為、臓器が、正常の機能で働くのです。しかし、体が弱っていると免役機能が低下し、異物の暴挙に堪えられなくなってアレルギーと言う現象を引き起こします。鼻水やくしゃみが出るのは、アレルギーによる免役機能の抵抗です。酷くなると、アナフィラキシーショックを起こし、倒れる事もあるので体を健康に保つような食事をしなければなりません。

そして、アレルギーを予防する為の食事には、炭水化物の無い食品摂取が必要です。炭水化物には糖質が含まれており、血糖値に左右します。血糖値が高くなると細菌やウイルスが簡単に体内を占領し、アレルギー症状を起こしやすい体内環境を作ってしまいます。

炭水化物は膵臓のランゲンハンス島β歳細胞にあるインスリンに食べて5分もしない内に分泌を促すので、体を疲労させます。同じ猫でも炭水化物を食べ続けたり、大量に摂取すると免疫力が極端に下がります。但し、大量摂取と言うのは、猫自体の体に合っていない量と言う意味です。必要量より食べていなくても、炭水化物の体への影響は大きいからです。

最後に、口に入れる物を考えて食べるだけで、アレルギーを予防できます。猫の健康の為に栄養表示やパッケージを見て、炭水化物の無い食品を選んであげて下さい。