まず、グレインフリーのキャットフードを選ぶと、良質の蛋白質が摂れます。炭水化物が減った分の味覚調整の為に、タウリン等の高級動物性蛋白質が使用されているからです。

次に、猫の食い付きが良いように、野菜やハーブも含まれています。蛋白質をより良く体内で働かせる為には、野菜やハーブのビタミンやミネラルが必要だからです。そして、良質の蛋白質なので体内での消化も良く、大腸での発酵の際にもしっかりとした便を作ってくれるので猫の健康に繋がります。また、使用している蛋白質が良い物なので、アレルギーを持っていても摂取できます。

それから、猫は元々魚や鳥を狩って食べる動物であり、主に蛋白質を摂取しなければならない体質です。あまり炭水化物や脂質を必要としないので、人に比べると腎臓に負担をかけやすい体内構造になっています。その為、負担を少なくするには、蛋白質に拘って食べる必要があるのです。

最後に、蛋白質は体を変える作用があるので、良質な物を摂ると猫の知能指数が上がったり、無駄太りを防いだりしてくれます。肥満になると、2型糖尿病や心臓病、脳梗塞等の発症リスクが高まりまるので、豊富に蛋白質を摂取する事で猫の食欲を抑えるしかありません。また、国際規格になっていたり、徹底した品質管理が為されているので体に安全な蛋白質を取り入れられます。

Comments are closed.